Home > 会員サポート > セキュリティ情報/スパムメール



会員サポート(法人のお客様)

セキュリティ情報/ウイルス

スパムメールについて

FUSION GOLでは、迷惑メールに対して、受信制限用のフィルタを導入しております。様々な迷惑メールにサーバが自動対応し、登録後はお客様側での操作は一切必要ありません。

<スタンダード スパムフィルタ サービス>

スタンダード スパムフィルタはFUSION GOLメールシステムの標準機能です。 お申し込みは必要ありません。各種設定変更から「言語によるフィルタ」「ローカルフィルタ」「サーバフィルタ」をご設定いただけます。


<アドバンスト スパムフィルタ サービス>

アドバンスト スパムフィルタは有料サービスになります。「スパム・アサシン」というスパム感知ツールを利用してサーバ上で迷惑メールをフィルタします。また、「スパム・アサシン」のレベルをお客様自身で設定できるため、迷惑メールのフィルタレベルをお好きに設定することができます。


<スパム・アサシンって?>

メールの内容や、ヘッダー情報を総合的に計算し、迷惑メールかどうかを判断するフィルタです。受信されたメールは、メールのヘッダー情報に不備が無いか、メールの内容にスパムメールによく含まれる単語や、URLが記載されていないか、を計算され、スパムレベルがヘッダー情報に記載されます。お手元に届いたメールのスパムレベルを確認して、スパムレベルを変更することにより、お客様のご利用状況にあわせて迷惑メールを効果的にフィルタすることが可能です。


<グレーリストフィルタ>

グレーリストフィルタは有料サービスになります。グレーリストフィルタ機能は、受信したメールが迷惑メールかどうか、サーバで一時的に保管し、確認するための機能です。一定時間の監視を行うため、メールの受信に1時間程度の遅れが生じることがありますが、グレーリストが迷惑メール以外を遮断することはありません。メールの遅れは過去にユーザーがメールのやり取りを行っているメールアドレスやメールサーバに対しては発生いたしません。なお、「グレーリスト」はブラックリストとご併用ください。


<SES(エラーメール判別機能)>

SES(エラーメール判別機能)は有料サービスになります。FUSION GOLの送信サーバを通して送られたメールには、GOL署名がヘッダー情報に記載されます。「SES(エラーメール判別機能)」では、エラーメールのヘッダー情報にGOL署名が記載されているかどうか(お客様が送ったメールのエラーメールかどうか)をチェックし、GOL署名が記載されていない「なりすましメール」や「ウイルスメール」のエラーメールをフィルタします。