フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
OP25Bの実施について

よくあるご質問

皆様から寄せられた、Outbound Port25 Blocking(OP25B)に関するご質問をご紹介いたします。

[ ご質問に対する回答集 ]

Q. Outbound Port25 Blocking(OP25B)とは?
メールの送信時に利用される25番ポート(port25)の利用を一部規制すること(Blocking)から、「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」と呼ばれています。OP25Bの実施により、不正利用者から送信される迷惑メールを規制し、迷惑メールを削減することが可能となります。
Q. なぜ、Outbound Port25 Blocking(OP25B)を実施するのですか?
プロバイダのメールサーバを経由せずに大量に送信される、迷惑メール、ウィルス感染メール、フィッシングメールなどが、現在深刻な社会問題となっております。お客様がインターネットを安全にご利用いただくために、迷惑メールの根絶を目的に、その対策であるOP25Bを実施します。
Q. Outbound Port25 Blocking(OP25B)によってどのような効果があるのですか?
悪意のあるユーザが、匿名により大量の迷惑メールを送信することを防止します。また、ボットと呼ばれるウィルスに感染して、コンピュータが外部から遠隔操作されるといった事態や、ウィルス感染により、ご利用者が意図しないウィルスメールの送信元または大量メールの送信者となってしまうことを未然に防止することができます。
Q. Port25とはなんですか?
インターネット上でのメール送信のプロトコルに国際標準で割り当てられた種別の番号です。殆どのメールソフトにおいて、送信ポートとしてデフォルトで設定されています。
Q. サブミッションポート(port587)とはなんですか?
従来よりメール送信に利用しているport25とは別に、メール送信の受付専用に利用するポート(port587)です。「SMTP認証」と合わせてメーラーに設定することで、port25をブロックされている送信経路を避けてメールサーバにアクセスします。これで他社プロバイダ等、他社ホスティングサービスのメールサーバを利用してメールを送信することが可能となります。
Q. SMTP認証とはなんですか?
メールを送信する際にユーザの認証を行い、許可された場合のみメールを送信可能とする方式です。送信メールサーバがユーザー認証を行うことにより、メールの不正中継や、メールアカウントの不正利用を防ぐことが出来ます。
Q. どのような利用環境の場合に影響を受けるのですか?
FUSION GOLフレッツ接続サービスをご利用のお客様で、他社のメールサーバをご利用される場合、影響がございます。なお、固定IPサービスご利用のお客様には影響がございません。詳細につきましては、「影響確認表」をご覧下さい。
Q. 固定IPサービスを利用しています。影響はありますか?
OP25B規制対象外となりますので、影響はございません。
Q. ウェブホスティングパッケージでメールを利用しておりますが、影響はありますか?
OP25B規制対象外となりますので、影響はございません。
Q. ダイアルアップ接続(パワープラン・スーパーライト)を利用していますが、影響はありますか?
OP25B規制対象外となりますので、影響はございません。
Q. GOLのウェブメールを利用していますが、影響はありますか?
OP25B規制対象外となりますので、影響はございません。
Q. AIR-EDGEオプションサービスを利用していますが、影響はありますか?
OP25B規制対象外となりますので、影響はございません。
Q. 他社プロバイダのメールアドレスも利用していますが、影響はありますか?
FUSION GOLフレッツ接続サービスをご利用されている場合、影響がございます。お客様のメールソフトにおいて、「SMTP認証および送信ポート番号(サブミッションポート:Port587)」への設定変更が必要となります。設定を変更しなかった場合、OP25B実施日よりメールの送信ができなくなりますので、ご注意下さい。
※他社プロバイダがサブミッションポートに対応している必要がございます。対応状況につきましては、各事業者様にお問い合わせ下さい。
※メールの設定につきましてはこちらをご参照下さい。
Q. 他社ホスティングサービスのメールアドレスも利用していますが、影響はありますか?
FUSION GOLフレッツ接続サービスをご利用されている場合、影響がございます。お客様のメールソフトにおいて、「SMTP認証および送信ポート番号(サブミッションポート:Port587)」への設定変更が必要となります。設定を変更しなかった場合、OP25B実施日よりメールの送信ができなくなりますので、ご注意下さい。
※他社ホスティングサービスがサブミッションポートに対応している必要がございます。対応状況につきましては、各事業者様にお問い合わせ下さい。
※メールの設定につきましてはこちらをご参照下さい。
Q. 自社でメールサーバを構築していますが、影響はありますか?
固定IPサービスをご利用されているお客様には影響ありません。ダイナミックDNSなどを用いてお客様ご自身で構築されたメールサーバでの25番ポートからのメール送信を規制いたします。この場合、固定IPサービスまたはGOLの送信サーバ(mail.gol.com)の利用が必要になります(固定IPサービスは月額利用料金が変わります) 。
※GOL送信サーバの設定方法はこちらをご参照下さい。
Q. 他社プロバイダの接続サービスを利用した環境で、GOLのメールサーバを利用しています。影響はありますか?
他社プロバイダがOP25Bを実施している場合に、GOLのメールサーバをご利用になるには、お客様のメールソフトにおいて、「SMTP認証および送信ポート番号(サブミッションポート:Port587)」への設定変更が必要となります。
※メールの設定につきましてはこちらをご参照下さい。
Q. フリーメール、ポータルサイトおよび他社プロバイダが提供するウェブメールを利用していますが、影響はありますか?
他社のウェブメール(フリーメール、ポータルサイトおよび他社プロバイダ)をご利用のお客様は、OP25Bの規制対象外となります。今まで通りメールを送信することができます。ただしメールソフトで、送信用サーバを指定して利用されている場合には影響を受けることがあります。
Q. メールを利用しているプロバイダ(ホスティング事業者)がサブミッションポート+SMTP認証に対応していないのですが?
他社プロバイダ及びホスティング運用事業者の送信サーバがサブミッションポート+SMTP認証に対応していない場合は、送信サーバとしてGOLのSMTPサーバ(mail.gol.com)をご利用頂く必要がございます。
※GOL送信サーバの設定方法はこちらをご参照下さい。
Q. GOL送信サーバを利用しようと思ったのですが、「ipXXXXXXXXXX@b-fam.vips.gol.com」という接続用IDの開通通知しか見当たらないのですが?
「ip+数字10桁」からなる自動採番接続IDをお持ちの方は、無料でひとつ@gol.comメールアドレスを取得することが出来ます。無料メールアドレス取得はGOLメンバーズステーションにて申請が可能です。無料メールアドレスは申請後、およそ1時間でご利用可能となります。その際の初期パスワードは接続ID(ipXXXXXXXXXX)と同一になっていますので、メールアドレスのパスワード変更をご希望の場合は、取得したメールアドレスで再度メンバーズステーションにログインの上、ご希望のパスワードにご変更下さい。
※無料メールアドレスの取得方法はこちらをご参照下さい。
 
img
OP25B実施概要
影響を受けるお客様
メールソフトの設定方法
他社メールアドレス
  サブミッションポートの設定
GOL送信メールサーバの設定
ISP各社 OP25Bページリンク集
よくあるご質問