フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
OP25Bの実施について

影響を受けるお客様

[ OP25B 影響対象者確認フロー ]

お客様がOP25Bの実施により、影響を受ける可能性について、下記の確認表にて判定できます。

影響確認表

[ OP25Bの規制対象のお客様へ ]

OP25B規制対象のお客様は、メールソフトの設定変更が必要になります。 メールアドレス提供会社の対応状況により異なりますので、以下のフローでご確認ください。

影響確認表

原則として、ご利用されているメールソフトにおいて、「SMTP認証の設定、およびメール送信用ポート番号を、現行の[25番ポート]から[587番ポート(サブミッションポート)]へ設定変更していただくことにより、OP25B実施後でも他社メールの送信が可能となります。詳しくはメールソフトの設定方法をご参考にされるか、現在ご利用のメールアドレスを運用されている事業者様(他社ISP様またはホスティング事業者様)にお問い合わせ下さい。

ダイナミックDNSなどを用いてお客様ご自身で構築されたメールサーバをご利用の場合25番ポートからのメール送信を規制いたします。固定IPサービスをご利用されているお客様には影響ありません。影響を受けるお客様は、固定IPサービスに変更する必要があります。
※固定IPサービスをご利用される場合は、月額利用料金が変わります。

なお、ご利用のメールアドレス提出会社様の送信サーバーがサブミッションポート機能に対応していない場合は、GOLの送信サーバー(mail.gol.com)をSMTP認証方式によりメールソフトにご設定いただくことで、メール送信が可能となります。
GOLの送信メールサーバの設定については「メールソフト設定方法」をご参照下さい。

OP25B実施概要
影響を受けるお客様
メールソフトの設定方法
他社メールアドレス
  サブミッションポートの設定
GOL送信メールサーバの設定
ISP各社 OP25Bページリンク集
よくあるご質問